国語の記述問題(長文)を得意にさせるコツ①

親のちょっとした気遣いで どんどん記述が得意になる!

「20字以内で説明せよ」などの記述問題。

大人でも難しいですよね。

それを子どもがスラスラ書けるようにするには、どうすればいいでしょうか?


実は、ちょっとしたコツがあるんです。

しかも誰でもできる簡単な方法です。


それは

★書いたら、とにかく褒めること!

★書いたことを、褒めましょう!


記述が書けないお子さんに多いのは、

正解かどうか不安。

変なこと書いて笑われないか不安。

どうせ正解しないから、書かないでおこう。

と、積極的に書かないことを選択してしまうケースです。


自分が思ったことを書いたのに、

あれこれケチを付けられたら、

やる気なくなりますよね。


でも、書かなければいつまでたっても上達しません。


だから褒めましょう。


って言っても、

答えと全然違う、

文としてもおかしい、

そんな記述の答えを見て

どう褒めたらいいか解らない。

それもそうですよね。


だから書いたこと自体を褒めるんです。


まず

「なんでもいいから、書いてごらん。」

「間違っててもいいから書いてごらん。」

と言ってあげましょう。


そして、何か書いたら

「よく書いたね。お母さん(お父さん)嬉しい!」

「まず書くことが大事だからね。間違っててもいいんだよ!」

って言ってあげてください。


そしてまず、何も言われなくても書くようになる

そうすれば次の道が見えてきます。


その後は?


それはまた別でお話いたします。


ゴールフリー江坂

教室長 倉知憲三


とにかく褒める。書いたことを褒めましょう。

ダウンロード (7)

Access


国語の悩みなら、お任せください!
生徒の8割が国語を習っている個別指導学習塾!
オンライン指導で全国どこからでもお通いいただけます。

ゴールフリー江坂教室

住所

〒564-0052

大阪府吹田市広芝町4-1

江坂・ミカタビル402号室

Google MAPで確認する
電話番号

06-6155-8175

06-6155-8175

FAX番号 06-6155-8176
営業時間

月〜金曜日 14:30-22:00

土曜日 14:30-20:00

定休日

日曜日

今まで2,000名以上の生徒を担当した経験豊富な教室長が、自ら入校前の国語読解力徹底診断を行います。診断によって分かった国語でつまづいている本当の理由をしっかり丁寧に解説し克服方法を一緒に提案します。

Contact

お問い合わせ

ご入力の上、次へボタンをクリックしてください。

Related

関連記事